日本郵政の株主総会に参加してきました

Pocket

本日の保有株の含み損益は前日比でー5,000円、トータルで―77.5万円と相変わらず低調な状態で推移しています。

イワキポンプが+45円、チャームケアが+20円と昨日落ち込んだリバウンドもありましたが、保有数の多い一六堂が-3円、鳥貴族が-26円と調整が入っています。

今日は浜松町で行われた日本郵政の株主総会に参加してきました。

注目したのは売り出し価格より値下がりしている株価に対して、経営陣がどう受け止めていて、どんなコメントが出てくるかでした。

結論から言うと、株主利益については重きをおかないのは如実に伝わってきました。

この辺は株主の立場になって初めて分かる、日本企業の致命的な欠陥かと思います。

日本では結果が十分でなかった時に、経営者自体の責任追及が問われることがありません。

この辺が、経済規模の割に国際的に通用するタフな経営者が出てきにくい原因なのかなと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする