アルケミストを読んで

Pocket

アルケミスト

パウロ・コエーリョ著
ブラジルの作家の本

羊飼いの少年のサンチャゴが、夢のお告げに従ってエジプトのピラミッドへ旅をする中でさまざま経験をしながら成長していく物語

文中からいくつか抜粋

少年は風の自由さを羨ましく思った。そして自分も同じ自由を手に入れることができるはずだと思った。自分を縛っているのは自分だけだった。

本当に起こっていることでなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ。

彼は自分の運命から逃げないために、聞いてはいけないことがあるのを学んだ。「自分の意志で決定すると約束したんだ」と少年は自分に言った。

学ぶ方法は一つしかない。それは行動を通してだ。

「なぜ、人の心は夢を追い続けろと言わないのですか?」少年は錬金術師にたずねた。「それが心を苦しませることだからだ。そして心は苦しみたくないのだ」

夢を追いかける人の支えになる物語

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする