本多静六 語録

Pocket

人生即努力、努力即幸

人間生活とは努力することにある

また努力こそ幸福の元である

世の中には天才だけにしか出来ない仕事というのはあまりない。努力しない天才より努力する凡才の方が必ず勝てる。

1/4貯金法
収入の1/4を先に貯金して、生活は残りの額で行うこと。

望みある身と谷間の水は、しばし木の葉の下を行く

(佐渡おけさの一節)

本多静六
1866年8月11日生まれ
日本初の林学博士にて日本の公園の父として知られる。

また資産家でもあり投資家として一代で巨万の富を築く。

62歳の時に自分の生活に必要な分だけを残し、多大な資産のほとんどを慈善事業に寄付する。

その多くは匿名にて行われた。

本多静六 wikipedia

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする