金持ち父さん 貧乏父さんを読んで

Pocket

【金持ち父さん、貧乏父さん】

ロバート・キヨサキ著

この本には、中流以下の生まれの人間が、金持ちになるにはどうしたらいいかの原則が書かれています。

著者がこの本を組み立てる上で、タイトルの二人の父さんを引き合いに出していますが、読むのにバイアスがかかるかもなんで、タイトル名には囚われずに読んだ方がいいと思う。

この本で繰り返し述べているのは、資産を膨らませることを最優先させなさいということ。

そのために自分への支払い(資産を増やすためのものへの投資)を先に行い、それから生活にかかるコストを絞り出しなさいと。

これは、時間の使い方や情報の扱いについても同様だね

評論家でなく、作者自身が資産を増やすことに挑戦し続けてきた重みが、本の端々に散りばめられています。

投資家を目指す人が読むべき本の一冊ではある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする