弱肉強食

Pocket

相場の養分という言葉がある。

取引はある値段で売りたい人と、買いたい人がいて成り立つ。
もしくは、売らざるを得ない側と買わざるを得ない側がいて成立する。
売り方と買い方がお互いにハッピーになるシチュエーションはほとんど無く、どちらかが相手を儲けさせるための養分となる。
経験値、資金力、情報力、判断力、分析力、メンタル力、運などの劣った側が養分となる。
人間同士の戦いだけでなく、A I(人工知能)の参戦でコンピュータとの戦いもある。
時としてメディアは儲け話を煽るが、情報力や資金力の無いルーキーが最初から簡単に勝てるわけがない。
魑魅魍魎のいる弱肉強食の世界では、まず相場の養分にならず生き残るためにはどうしたらいいかを考えるのが基本戦術となるだろう。
そしてなるべく強者の少ない世界、自分よりも弱者のいる場所を見つけられるかが鍵となるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする