不思議な生き物

Pocket

水がよどんで腐ると、そこに不思議な生き物が生息し始める。

それらの生物は環境への適応を繰り返しながら、自らのテリトリーを作り独特の行動規範や思想を持ち始める。
源流は同種でありながら、住む世界が別であれば未来永劫、理解し合えることは出来ないだろう。
水と油は交わることがないように。
お互いがもはや違った生物種であることを認識しよう。
自らの進むべき道だけを考えて、無駄な思考や行動をとることはやめようか。
残された時間は有限なのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする