Softbank AIR なかなかオススメ

Pocket

しばらくの間、モバイルWi-Fi(WiMAX)を利用してきましたが、通信エリアの問題からかスピードの遅さと、月末の通信制限の制約に我慢ならず非効率さを感じソフトバンクのAIRに乗り換えを決断した。

さっそくSoftBankのショップに行き手続きを進めてきた。
今回、合わせて固定電話もソフトバンクに乗り換えることに

SoftBank AIRの注意事項として…
・2020年1月が契約区切り。

本体代は3年縛りで途中で切ると違約金が発生する。

SoftBankの作戦だが契約が打ち切りずらい。

・クーリングオフは8日以内

・乗り換えで、WiMAXの解約料金分はキャッシュバックあり

・固定電話の利用までには数日かかる(その間、既存の回線で電話は使える)

さて、気になる料金の方はというと…

契約に当たっての事務手数料などの初期費用が6,840円

そのうちAIR分が3,240円、固定電話分が3,600円くらい…

ランニングコストは月額で4,644円

AIR分が4,104円 (36ヶ月目から5,270円)

固定電話分が540円(36ヶ月目からも変わらず)

料金比較
今までは家族4人で、月々の支払いが約20,160円(ガラケーとMVNO2台持ち)だったのが、今回から18,147円となり、差額の2,013円分が浮く計算に。

固定電話の減額分がでかい。

固定電話が必要かって話は置いといて(笑)

AIRの設定について
固定電話の方はまだ回線手続きが終了してないが、インターネット回線はAIRの電源を入れるだけで即使える。面倒なことが一切なく楽(笑)

今のところ回線スピードは良好でサクサク動いてて、まあまあオススメできる。

また新たなサービスを見つけたら乗り換えるかもしれないが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする