外貨投資の一つの戦術

Pocket

【日本株】
持株は前日比で+3,400円とプラスで推移
今月累計の含み損益:-14,641円
持ち株自体の含み損益:-40,932円

個別銘柄の推移
3765 リスクモンスター +2円
6062 チャームケア -7円
9501 東京電力 +1円
1690 ETFSWTI +8円

回復傾向ながらもチャームケアが連日のマイナス調整
含みマイナス圏からの浮上の糸口は見えず

新規の売買なし
日経225は20,153.35円で前日比+20.68円と横ばいで推移

【為替】
ドル/円は111.5円あたり、円安方向で調整
資産評価額 168,474円 前日比+517円
損益評価額 545円  +261円
証拠金維持率 970% +102%

スワップ相当額 649円 +14円
トラリピ約定損益 250円 +200円

スワップを目的にしたFXは破滅への道だと思うが、低レバに徹することと、ポジションを長い時間かけて作ることで、長期的に負けにくい戦いに持ち込むことが出来るのでは…とも考えている。

さらに、複数通貨への分散投資と、円高への対策として売り買いの両刀使いのトラリピを仕掛けることでリスクを下げた外貨投資が可能になるのではと。

値動きを追いかけるドキドキは味わえ無いし、相場チェックやトラリピの仕掛けも退屈といって言い作業の繰り返しになるし、リスクが低い分、儲けも薄くなる。

FXで派手な失敗した後で感じるのは、弱者の戦術に徹すればいいと割りきっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする