オカルト投資法の有効性は?

Pocket

悪いね!
オカルト投資法なんて語れません(笑)

オカルト-Wikipedia

ラテン語: occulere の過去分詞 occulta(隠されたもの)を語源とする。で見たり、触れて感じたりすることのできないことを意味する。そのような知識の探求とそれによって得られた知識体系は「オカルティズム」と呼ばれている。ただし、何をもって「オカルト」とするのかについては、時代や論者の立場等により見解が異なる。

この語は、ヨーロッパにおいては、論敵にレッテルを貼るために使われてきた歴史を持つ。特に、正統派を自認している側から、そうではない側をこの名称で呼ぶことが行われた。ただし、その正統派が誰なのかという点は時代とともに変遷する。

例えば、アイザック・ニュートン万有引力を提唱した時には、同時代の学者たちから“オカルト・フォース”を導入しているとの非難が浴びせられた。だが、その後はニュートンの説のほうが次第に正当との扱いになり、“オカルト”ではなくなり、レッテルを貼っていた側のほうが非正統派となってしまったわけである。またこの事例は、自らの理論体系・知識体系がその一部に(万有引力のようにまさしく)「目で見たり触れて感じたりすることのできないこと」を含んでいても、論者自身は通常それを“オカルト”とは呼ばないものであるということも示している。

ここから先の話はまともな人はスルーして(笑)

最近、オカルト話への拒否反応が無くなってきた。

というか、好きになってきてる(笑)

99%おかしくても、1%の重要な真実があるのかなって思っている。

今日みたのはこれ・・・この地球に山や森は存在しない

思考を働かせると、ある方向に対してだけは、ぼやーっと霞んでいって、そこから先に進めない・・・

思考停止するような感覚が残るんだよね。

単純に自分が馬鹿だって話でもあるんだろうけど、

そんな単純なことじゃなくて、何かフィルタリングされてるんだよな。

今までのすりこまれてきた教育、思考方法が原因なのかね・・・

何か違うんじゃないかって・・・?

そう、自分の中にぶち壊さなければならない大きな壁ってやつがあるんだろうな。

オカルト系の話は、その壁を突破するきっかけになるんじゃないかなって

それを、現実世界からの逃避ととらえるか、真実の探求ととらえるか(笑)

投資では、人と違う道を歩こうとしたときに、発想の転換が必要だよね。

あと、時代の潮流の少し先を見る目線も

溢れかえったマネーの濁流がどこに向かうのか?

日本は国策としてどこにお金を回そうとするのか?

今日はマネーの歴史についての本を読んで過ごしました…

歴史を知ることで未来が見えるわけではないが、

人の性格がすぐに変われないように、

大衆の行動も似たようなことを繰り返すんだろうなってのは肌感覚で分かるし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする