都合のいい解釈

Pocket

持株は前日比で+22,190円と昨日に続いて上昇。

それぞれ、指値で約定価格+50円でちまちまと決済注文を入れておいたが、新規での売買はともに発生せず。

日経225の終値は19,814円で前日比-104.94円と調整入る。

為替の方は円高方向に大きく動いたこともあり、売買の中心となっているクロス円のロングの建玉は、ZAR/JPYを除き含み損が積みあがった状態。

損益評価額 -1806円
証拠金維持率 1,605%

基本、積立て型の外貨貯金としての運用なんで、どちらに動いてもいいのだが、じわじわと下がるよりは一気に調整が入ったほうが次の一手は打ちやすい。

ユーロが分かりやすい動きをしているので追随したくなるが、ルール以外の売買はしない(タブン)

風邪が抜けずに体調の方は最悪な状態が続いている。

それに合わせてというか、材料にしてしまい、前向きな取り組みがまったく出来ていない。

そんな自分自身を擁護するように、物事を都合のいいように解釈してしまっている自分がいる。

逃避していても幸運は訪れない。

結果を出すべく小さな努力を積み上げていくとするか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする